ヤプログのスタイルシート講座1:基礎 長靴猫...★ 旧オロルンのヤプログ講座





↓--------

スポンサーサイト

 スポンサー広告



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓2008-07-07

ヤプログのスタイルシート講座1:基礎

 ヤプログ講座



HTMLを理解していないと難しいかもしれない内容です
見やすいように一部全角文字使ってますが、実際にスタイルシートに書き込む場合は全部半角英数で書いてください

★★スタイルシート(以下CSS)とは

HTMLとはまったく違います。HTMLは「ホームページを表示させるプログラム」ですが、CSSは「ページの装飾をするためのプログラム」です。書き方も違います
この場所の
{
これを:こうする;
}

というのが、CSSの基本です。「この場所」にはTD・TABLE・BODY・TEXTAREA・DIV・P・H?などが入れられます。たとえば、「BODYの」「背景を」「白くする」ときは

BODY
{
background-color:white;
}


と書きます。{ は「この場所をどう装飾するかの指示が始まるよ~」という合図であり、} は「この場所をどう装飾するかの指示が終わるよ~」という合図になってます。
なので、{ } の外にこれを:こうする;というタグを書いても、まったく意味がありません。「これをこういう風に装飾してね」という合図だと認識されないんです

HTMLのHEADに書き込むときはというHTMLタグを使って、

<STYLE>
<!--
この場所の
{
これを:こうする;
}
--></STYLE>


と、かきます。

ヤプログはCSSの外部呼出しという方法を使っています。CSSの外部呼出しというのは、CSSをまとめて1つのファイルに記述し、「このファイルのCSSを使ってね」という書き込みをHTMLにして、CSSの指定を使う方法です
この場合、ひとつにまとめたCSSのファイルにはHTMLタグを使うことはできません。CSSのみを記述します
つまり、ヤプログの「スタイルシート」には<STYLE><!-- --></STYLE>というタグを書かずに、

この場所の
{
これを:こうする;
}

あの場所の
{
あれを:ああする;
}


と並べて記述します。



講座の目次


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。